VISION

ホリスティックな最適化により、お客様のビジネスの成長に貢献する

日々着実に研究やビジネス活用が進むAI(人工知能)やデータサイエンス。
今後、ますます社会に組み込まれ、私たちの生活にとって欠かせないインフラとなっていくでしょう。

しかし、現時点でのAIやデータの活用は、効率化やコスト削減など、短期的な効果が見込める「守りのAI活用」にとどまりがちなのも事実。
飛躍的に生産性を向上させ、「攻めのAI活用」に踏み込むには、組織全体をホリスティック(全体的)に見渡し、現場で働く一人ひとりが活躍できる最適な仕組みづくりが欠かせません。

メディンプルは、お客様のステークホルダー(現場スタッフ、マネージャー、経営陣、消費者、地域社会など)とのコミュニケーションを大切にし、深い洞察力をもって中長期的なビジネス成長に貢献する仕組みづくりに貢献します。

MESSAGE

超高齢社会の到来に備えて

「課題先進国」としての日本は、少子高齢化による担い手不足など、さまざまな課題に直面しています。
私は図書館、不動産、介護などの業界でのAI活用の研究開発に取り組む中で、課題の大きさとともに、AIなどのテクノロジーが既存の各業界にもたらす可能性の大きさを感じ、2007年の東大発スタートアップの共同創業に続く2度目の起業を決意いたしました。
AIの社会実装を着実に進め、業界変革の仕組みづくりをお手伝いすることで、世界にさきがけたサスティナブルな社会の実現に微力ながら貢献してまいります。

代表取締役社長 清田陽司